テレビ・雑誌で大注目の酢玉ねぎとは?

酢玉ねぎは玉ねぎを薄く切って酢につけたものです。スライスした玉ねぎを容器に入れて、ヒタヒタになるくらい酢を入れて2時間ほどおけば完成です。酢と玉ねぎのダブルの働きを得ることができます。

玉ねぎにはケルセチンというポリフェノールが豊富に含まれていて、この成分が血液をサラサラにします。
ビタミンB1の吸収と助けて疲労の回復を助けます。ビタミンB1は糖質の代謝に関わる栄養素で、糖の代謝がよくなり脂肪燃焼効果が高まります。
食物繊維とオリゴ糖も方法なので、便秘解消も期待できます。

血糖値が急激に高くなると肥満の原因のインスリンが大量に分泌されます。酢には血糖値の上昇を抑制する働きがあります。
酢に含まれる酢酸が脂肪の合成を抑制するとともに、脂肪の燃焼を促します。

このように酢玉ねぎにはさまざまな働きがあります。


・酢玉ねぎの一般的な食べ方とは?


酢は酸っぱくて苦手、玉ねぎのツーンとする香りがダメ、こんな方もいると思います。基本的な食べ方は生で食べる方法ですが、アレンジすることで食べやすくなります。

酢に玉ねぎの成分が溶け込んでいるので、酢も一緒に利用しましょう。酢玉ねぎを作るときにはちみつを加えると、甘くなって酢の酸っぱさが気になりにくくなります。リンゴ酢は米酢に比べて甘味があるので、リンゴ酢で作ることでも酸っぱさが気にならなくなります。

玉ねぎは加熱すると甘味が増します。玉ねぎに含まれる硫化アリルが減少してしまいますが、その他の玉ねぎの働きは得ることができます。

生で食べる場合は、トマトや豆腐、豚肉などにのせるとおいしいです。ドレッシングとしても活用できます。
加熱調理はかぼちゃサラダ、スープ、肉との炒め物などに利用できます。



・忙しい方には酢玉ねぎサプリメントがお勧め


酢玉ねぎには、便秘解消、血液サラサラ、血糖値の上昇抑制、疲労回復、血圧低下、脂肪の合成抑制などさまざまな働きがあります。便秘で悩んでいる方、血糖値や血圧が気になる方、ダイエットしたい方におすすめです。
酢玉ねぎの摂取目安は1日60gほどです。それほど量が多くないので続けやすいです。

酢玉ねぎは料理が苦手な方でも簡単に作ることができます。料理が苦手で加工食品に頼りがちな方も、加工食品に酢玉ねぎをプラスすることで少しだけ健康的な食事になります。

保存期間は1週間から10日ほどです。作り置きできてすぐに利用できます。仕事で忙しく疲れて帰ってきたとき、料理を作る気力がないと思います。そんなとき、冷蔵庫に酢玉ねぎが入っていればすぐに食事をすることができます。使いたいときにすぐに利用できて便利です。

ただし、保存期間が短いので忙しい方々には、酢玉ねぎサプリメントが人気を集めています。今回はランキング形式で人気順に紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。